飛鳥瓦、社寺屋根瓦葺きのスペシャリスト、石野瓦工業

HOME > 飛鳥瓦 当社製品情報 > アスカ工法

<アスカ工法(専用瓦ロック式縦横桟工法)とは>


通常の屋根瓦の施工は、軒線に平行に打ち付けた瓦桟木(横桟木)に、瓦を引っ掛けて固定する、引掛桟葺工法で施工されますが、この従来の工法では、今ひとつ瓦の安定が得がたく、左右へのズレを生じ易いのが難点でした。アスカ工法はこの問題を解決するため、改良された工法です。

新瓦葺き工法 アスカ工法説明図
 
新瓦葺き工法 アスカ工法説明図 アスカ工法は、軒に平行な横桟木に加えて
軒に直角の縦桟木を施工することで格子状に桟木を組みます。
そこに安定溝を持った専用瓦アスカ瓦、大和瓦等)
をはめ込む新しい高耐久性瓦葺工法です。
飛鳥瓦のロック式安定溝 飛鳥瓦など、専用瓦の裏側には
縦桟木を挟み込むための安定溝があり、
ミゾの両側面・底面を合わせた三面固定により
しっかりと桟木にロックするようになります。

<アスカ工法のメリット>

○耐久性、耐震性、耐風性に優れる

瓦が縦・横桟木にはめ込まれているため地震に強い。
さらに、一枚一枚を釘等で固定することで、
高層建築での強風や、降雪地でのにも強く
長期間にわたり葺き上げ当初の美しさを維持できる。


○建物への負担が少ない

土を使わない乾式工法で瓦屋根の軽量化がはかれる。
屋根瓦のズレが起こりにくい高耐久性工法のため、
雨水の屋根構造への浸水が防がれるなど、建物全体の耐久性にも貢献する。

○施工の標準化が可能

品質管理された、ねじれの少ない専用瓦を使用し、
格子状の
縦・横桟木にはめ込む方式なので、大規模な建築における
広面積の屋根でもムラのない美しい葺上がりが可能。


尚、現在「アスカ工法」は和瓦、飛鳥瓦等に採用され、木造住宅から高層建築まで巾広く採用されており、平成3年たて続けに九州を襲った台風17〜19号や兵庫県南部地震でもその確かな耐久性が証明されています。

HOME > 飛鳥瓦 当社製品情報 > アスカ工法(ページTOP


〒632−0054 奈良県天理市桧垣町421−1

石野瓦工業株式会社
TEL:0743-66-1246

asuka@ishino.co.jp